2018年05月08日

がんばる高学年!

昨日に引き続き,雨の音に包まれている峰山小です。

今日は高学年の授業の様子です。
5・6年生は、異なる学年が一緒に学ぶ複式学級。
5年生が4名,6年生が1名の5名のクラスです。
学年は2つなのに,担任の先生は1人。
さて,どうやって授業をしているのでしょう??


今回は,どちらの学年も,漢字の学習をしています。
IMG_1901.JPG
こちらは5年生。先生の指導で学習中です。

では,6年生はどうしているのかというと・・・
IMG_1902.JPG
このように,自分で学習を進めています。
さすがは最上級生。自分で見直ししたり,辞書で調べたり,
一人でもしっかりと学びを深めていました。
もちろん,先生はどう学ぶのかを指示しているんですよ。

6年生は,先生が渡ってくるまで自分で学習を進めます。
(複式学級では,直接指導する学年を移ることを「渡り」と言います。)
先生が渡ってきたら,自分で進めた学習の振り返りやまとめを先生とします。

先生がいなくなった5年生は,
ガイドさんを中心に練習したり,確認をしたりします。
(複式学級では,学習を進める係の児童をガイドといいます。)


このように,複式学級は自分(自分たち)で学習する時間が必ずできるんですね。
ですから,自分から進んで学ばないといけません。
自ら学びに向かう力をしっかり伸ばすことができる
峰山小の授業の様子でした。
posted by 峰山小学校 at 14:55| Comment(0) | 複式学級 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする